Contents

クリーニング時の注意点

クリーニングに出す頻度

手軽で便利なクリーニングですが、スーツやウールのコートなどを頻繁に出すと、羊毛に含まれる油分を洗い流してしまうため、どうしても生地の消耗を早めてしまいます。

そのため、目立つ汚れや大量の汗をかいた場合を除き、ワンシーズンに1回もしくは衣替えのタイミングに合わせてクリーニングに出すと、風合いを長く保つことができます。また、毎日同じスーツやコートを着用するのではなく、3着程度を着まわすのがベストです。

上下揃いの服は一緒に出す

スーツやアンサンブルなどの揃いのものは、必ず一緒にクリーニングに出してください。クリーニングによる多少の風合いや色合いの、変化は避けることができないからです。別々に出すと、上下の印象がなんとなく違って感じになってしまうことがあります。また、衣服は必ず着用によってヤケ(紫外線などによる退色)てしまいます。このような自然の劣化も、上下一緒にクリーニングすれば目立たなくなります。

関連記事一覧

Contents