Contents

ユニフォームの効果

制服とは「ある一定の団体に所属する者が統一性を持った物を着用するという目的で作られた服」
という定義なのですが、私達の生活の色々な場面で登場するアイテムですよね。

ユニフォームも「ある一定の団体に所属する者が着用する服」であり、
スポーツチームのメンバーが着用する服を指したりもするのですが、
日本語の意味としては制服=ユニフォームとなります。

ユニフォームは着ている事で私達見る側に対して安心感を与える効果があります。
例えば、病院で注射をする時に私服の女性と白衣の女性を比べたら、
断然白衣の女性に注射して貰う方が安心しますよね。

着る側にとっては気持を仕事モードに切り替えるための必須アイテムでもあり、
皆が同じ服を着用する事で連帯意識を持ち仕事の精度が上がる、
仕事の機能性を上げるなどの役割も果たす物なのです。

ユニフォームの必要性とは

私服ではなくユニフォームが導入されているのには、ちゃんとした必要性があるからなのです。

「チームや会社への帰属意識」「連帯感や一体感の助長」「粗悪行為の抑制」などの意識的、
心理学的
な側面と「安全面」「快適面」「機能面」「衛生面」などで、
実務的な側面から必要となる場合があります。

関連記事一覧

Contents