OEM

OEM&ODM事業展開

商品を企画・製造にあたっての企画提案、アパレルへの最新情報提、編成・縫製技術力を強みとして、
蓄積されたファッションアパレルのノウハウを生かし、主にレディースアパレルのOEM生産を行っています。

OEMとは

OEM生産とは、アパレル(委託者)から委託された商品をアパレル側のブランド名で生産する事を言います。
商品企画や販売に関するスキルや販路を持っていても生産能力を有しないアパレル企業が、OEM生産事業を展開するメーカーへ委託し、メーカー側はアパレル(委託者)の仕様の通り製造します。
アパレル(委託者)が商品の詳細(デザインや図面等)を指示するほか、サンプルチェックや技術指導を行う。

ODMとは

OEMとは違い、商品のデザインや商品企画から製造までを外部のメーカーに委託する事をODMと呼びます。
委託者はできあがったサンプルをチェックし、仕入れるかどうかを決定する仕組みです。
委託側にとっては、自社デザイナーやパタンナー等を置く必要が無いので人件費削減、また製造のプロセスを省けることも繋がる事がメリット。
メーカー側にとっては委託者側のブランド力や販売力を活用し、売上げに繋げられることがメリットと言えるでしょう。

シーズン企画から
バルク納品までのプロセス

  • シーズントレンド情報・素材収集
  • ブランド責任者と事前シーズン企画&テーマをヒアリング打合せ
  • 素材プレゼン ⇒ 素材決定
  • 編成打合せ(糸番手、組織、ケージ等)、縫製仕様打合せ
  • カウンターサンプル仕様打合せ
  • 編成によりニッター選定、縫製仕様等 ⇒ カウンターサンプル依頼
  • カウンターサンプルUP ⇒ アパレル側に提出
  • カウンターサンプル修正確認打合せ
  • 展示会サンプル仕様打合せ ⇒ 展示会サンプル依頼(仕様確認打合せ)
  • 展示会スタート ⇒ 受注集計
  • 展示会サンプル本生産向け仕様確認打合せ
  • バルク原材料発注
  • 製品UP ⇒ 納前商品仕様確認 ⇒ アパレル側へ納前商品提出
  • 設定納期
  • 指定先センター納品